インタビュー

Nonaで活躍しているスタッフに、入社してからのことや、
現在の仕事のこと、スタッフ同士のことなどについて聞いてみました。

田中仁慈
仲道浩也

田中仁慈

介護業界で働こうと思ったきっかけはなんですか。

私の母は、沖縄で介護施設を経営しています。
以前は介護業界とは関わりがなかったのですが、母の話を聞いているうちに段々と興味を持ち、自分も働いてみようと思ったことがきっかけでした。
入った当初はやはり慣れないことばかりで戸惑いましたが、月日が経った今感じることは、何よりも“会話が大事”ということでした。
施設で過ごすに当たっての1日の流れを決めてはいるのですが、それを好まないご利用者もいらっしゃるので、そんなときにはしっかり会話をして、どんな気持ちなのか、なぜしたくないのか、もしかしてやり方がわからないのか、など無理やりやらせるようなことはせずに相手の気持ちを知ることをまずは心掛けています。

仕事のやりがいはどんなときに感じますか。

田中仁慈

人対人なので、働いていて面白いですね。
ご利用者はもちろん、ご利用者のご家族、ケアマネさんなど、すべて人との関わりが一つの介護をつくっているんです。
ご利用者をサポートすることが仕事ではありますが、むしろこちらが色々なことを教えていただくので、働いていて人生の勉強ができるのも、この仕事の魅力であり、やりがいだと感じます。

Nona の特徴はどんなところですか。

やはり「会話」ですね。そこが一番大事だと思います。
業務になれてしまうと人との接し方を忘れてマニュアルのようなもので動いてしまうこともあるかと思います。それが良いときもあるのかもしれませんが、Nona ではご利用者の意思をできるだけ尊重したいと考えているので、嫌がることを無理やり行ったりしません。 当たり前だけど当たり前に出来ない些細な“会話” を他のスタッフにも徹底していくように指導を行っています。

田中仁慈

Nona の将来の仲間たちへメッセージ

認知症の方たちをサポートすることはとてもパワーが必要です。 私も最初は全くの初心者でしたが、仲間のサポートもあり今はこの仕事に誇りを持っています。 私達と一緒に、明るく楽しくお仕事をしましょう!

仲道浩也

介護業界で働いてみてどんな印象を持ちましたか。

仲道浩也

サービス業は学生時代にも経験はしていましたが、やはり人に対する接し方に関しては、最初は本当に戸惑いました。
他のサービス業とは違って、ただお客様とサービスを提供するスタッフというだけではなく、深い話も出来ないと身体介助が行えません。
その人その人の人生や、人柄をお聞きして一人ひとりへの接し方を変えていく。そこが他のサービス業とは全く異なる点でしたね。

Nona で働いてみて感じた印象は?

まだまだ入社して間もないですが、散歩や初詣、イチゴ狩りなど外に出る機会が多いなと感じています。ただ施設にいて一緒に過ごすというのではなく、小規模だからこそフットワークも軽くご利用者のやりたいことなど意見を聞いて一緒になってレクリエーションを考えるというところも特徴の一つになるのではないかと思います。
マニュアルにそって1 日を過ごしていくのではなく、「今日はご利用者がこれをしたいと言っていたし、実現するためにはこうしよう!」なんてスタッフ同士で話したり、その時々で自由なスタイルを取っています。

キャリアプランを教えてください。

近い将来としては、今年で介護業界経験が5 年目になるのでケアマネージャーの資格を取りたいと思っています。また、まだ明確にあるわけではありませんが、将来的には今まで介護業界で勉強したことや経験したこと、感じたことを活かしいつか事業所を立ち上げられたらいいなと思っています。

仲道浩也

介護業界に興味を持つ方へメッセージ

世間のイメージに惑わされず、是非チャレンジしていただきたいです。
介護は、必ずしも“こんな人でなければ向かない” ということではないと思うんです。もちろん人に対して優しい心でいることはどんな相手であれ大事ですが、むしろ家族のような近い存在で接するほうがご利用者との距離も縮まります。
この感覚を一緒に共有できたら嬉しいですね。